話題

TAKUMIBAの子供用マスク通販はいつ?会員登録方法についても!

たくみば(TAKUMIBA)マスクをもう手にされましたか?注文しようと挑まれた前回の予約販売では、注文が殺到して、またもや注文出来ないのではと思いましたよね。

たくみばへ会員登録した人には、個数を限定することなく、マスクの注文を受け付けてもらえたので、ほっとしたお客さんも多いのではないでしょうか?

この度たくみばのサイトから、子供用のマスクを通販するとの発表がありましたので、会員登録方法をお伝えしますね。同時にキャンペーンでこども用マスクを楽しくさせるirodoの転写シールとコラボすると紹介がありました。

irodo(イロド)シールはどういうものなのかも調べてみましたので紹介します。

たくみばマスクをご存じない方は下の記事をおすすめします。マスク通販のいきさつもわかりますので、是非読んでいってくださいね。

【広島の洗えるマスク】TAKUMIBAが売り切れ!再販いつで購入方法は?TAKUMIBAのマスクをもうご存じでしょうか?洗えるマスクとして、広島(福山)の小さな工房で販売されているマスクです。注目されている点...

TAKUMIBAの子供用マスク通販はいつ?

前回のマスク通販サイトから、会員登録した人に、ぞくぞくたくみばマスクが届けられましたね。Twitterでは届いた方から感謝のツイートが寄せられています。

その中で、たくみばマスク通販サイトから、こども用マスクが5月末ごろに発売するという、うれしいお知らせが届きました。

特に小さなこどもの場合、圧倒的に小さなマスクのサイズが少ないこともあって、たくみばマスク通販での販売を待ち望んでいた人は多かった事でしょう。

町で見かける子供がマスクをつけていなかったり、顔よりはるかに大きいぶかぶかのマスクをしている子供もいましたよね。これから緊急事態宣言が解除になり、続々と学校や幼稚園が再開を迎えていくので、こども用マスクの確保が必須になりますよね。

マスクの場合、大は小を兼ねないものの代表ですよね。ちゃんとサイズの合ったこども用マスクこそ、感染を防げる大事なポイントでしょう。

こどもの学校や幼稚園が始まってしまえば、すべての密を避けられる気がしないです。サイズがぴったりあったこども用マスクだけが、最後の砦かもしれませんので、しっかり使ってほしいですね。

Twitterの文面によると、たくみばのマスク通販されるこども用のサイズには、キッズ用(4-8才)ジュニア用(7-12才)の2つのサイズが用意されるようです。

TAKUMIBAマスク通販の会員登録方法

マスク通販で買えるのは、takumibaの通販サイトのTAKUMIBA DIRECT STOREでの販売です。普段はtakumibaで製作している、パンツなどが買える通販サイトです。

マスク通販が停止中の時点では、マスクの通販ページがないので、不安に感じるかもしれません。

マスクは販売可能数を確保してから、マスク通販ページが設置され、販売開始という流れになっています。マスクが買える場所も、TAKUMIBA DIRECT STOREサイトなので、こちらから会員登録が出来ます。

それではtakumibaの会員登録方法について、お知らせしますね。

  • スマホの場合、右上の3本線の「MENU」から入って、「新規会員登録」から申し込めます。
  • パソコンの場合は、右側の「ログイン」をクリックして、「新規会員登録」から入ってくださいね。
  1. 「新規会員登録」をクリック
  2. 氏名や住所など、項目に沿って情報を入力していく
  3. 会員規約と個人情報の項目について、2つに✅を入れる
  4. 最後に「登録」ボタンをおす。

takumibaマスクを購入する前の余裕のある時間に、事前に会員登録を済ませておく事を勧めします。ここではクレジットカードの登録はまだ出来ないですが、マスクを配達して欲しい住所や氏名を、事前に登録しておけるのでおすすめです。

TAKUMIBA(たくみば)では、マスク通販サイトで購入する時に会員登録をしていないと、マスク通販ページに入っても、購入画面にすすめないようになっている事情も関係しています。

いざ購入する時に会員登録に手間取ってしまっては、せっかくの購入のチャンスは逃してしまう可能性があるからです。前回アクセスが集中するほど人気のマスクでしたので、こどもマスク通販で買いたい人は、事前に会員登録をおすすめします。

マスク通販サイトの会員登録でよくある間違い

会員登録は慣れていないと案外大変な作業ですよね。機械相手なので、1文字違っただけでも、自分の登録とは認識がされません。ここではtakumibaマスク通販サイトで注文できずに、困った人の例を紹介します。

メルアドの入力間違い

会員登録が上手くいかない場合でよく起きているのは、メールアドレスの打ち間違えが多いそうです。メルアドの場合1文字違っても、間違ったアドレスへ届くだけなので、自分のアドレスにメールは届きません。

takumibaからメールを送っても、登録したアドレスに届かないので、takumibaの方からは打つ手がないですよね。

会員登録が完了した人には、takumibaから「完了メール」がきちんと届けられます。「完了メール」が届かない時には、記入したアドレスを再確認してみて下さいね。

住所の登録記入間違い

会員登録登録をするときに、住所登録の間違いもかなり起きているようです。せっかくマスクを送っても、住所間違いで、配達業者から返されてしまう…なんて事があるようです。

例えばAmazonとかで住所間違いには私も覚えがあります。「郵便番号」を入れると、住所1の欄に県名と市名が自動で入力されますよね。その次に住所2の欄には町や番地を入力していく流れですよね。

住所1の入力を確認して、住所2の欄へもきちんと入力したはずだったのに、後から見たら空欄だった事がありました。もしかしたら「実行」ボタンや「Enter」キーを押さずに次の欄の入力へと進んだのかもしれません。

本人は入力した覚えがあるので、確認と言われても、ついおろそかになりますよね。

takumibaサイトでは[住所1]も[住所2]も入力が必須になっているので、空欄のままにはならないのがありがたいです。

それでもここで間違えが起きているそうです。似たような町の名前になっていたとか、人に送るつもりでうろ覚えの住所を入力したとか、番地は特に注意してくださいね。

配達に出したメール便がtakumibaへ戻されてしまうと、再度発送する時には、改めて送料がかかってしまいます。注文者の入力間違いで、再配達を行う場合には、メール便の送料を注文した方の負担になるとの事でした。(Amazon注文の時もそうでした…泣)

マスク通販サイトへ「登録完了した」と勘違い

必要事項の記入が終わり、ホッとするのもわかりますが、ゴールの「登録」ボタンの手前にある、2つの項目への✅の付け忘れは無いでしょうか?

  • ✅会員規約に同意する
  • ✅個人情報保護方針に同意する

の2つに✅をいれて「登録」ボタンを押さないと登録できずに、やり直し画面になるはずですが、登録ボタンを押したことで会員登録できたと安心しきって、確認せずに画面を閉じてしまってはいませんか?

登録が完了すると「完了メール」が入力したメルアドへ届くようになっているので、完了メールが届いたかの確認を必ずしましょうね。「完了メール」が届かない時は、手順を振り返ってみてください。

もう1つ会員登録を登録が出来ていない可能性として、サーバーが混んでいる時間に登録をしませんでしたか?

takumiba通販サイトも通常なら、問題なくスムーズにサイト訪問が可能です。ひとたび「マスク販売開始」のお知らせが告知されると、日時によっては事情は変わってくるかもしれません。

前回まではマスクを注文する直前から、サーバーにアクセスが集中するのを繰り返してきました。その状態では、確実に登録が届いていない可能性も出てくるようです。

繰り返しになりますが、登録が完了すると「完了メール」が入力したメルアドへ届くはずです。完了メールが届かない時は、登録している時の状態や日時を振り返ってみてくださいね。

確かに登録したはずなのに…「完了メール」が届かない時の可能性

メルアドも住所も問題なく登録した自信があるのに、「完了メール」が届かない時には、注文したスマホやパソコンの方の設定を疑ってみましょう。

迷惑メールフォルダへ振り分けられている可能性

PCやスマホで使っているメールサービスやメールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定って難しいですよね。そもそも設定した覚えはないって事はありませんか?

それらの設定などの影響で、届いたメールが振り分けられて、「迷惑メール」と認識されてしまう事があるそうです。

可能性を考えて、迷惑メールフォルダをチェックしてみるのをおすすめします。たくみばメールが、こんなとこに入ってた~なんて事も案外あるようです。

迷惑メールで見つけたら、ドメイン設定で、「info@takumiba.com」を受診出来るように設定しておくと良いです。

メールボックスの容量オーバー

メールボックスに届いたメールをずっと、ため続けてはいませんか?受診メールがたまり続けて、容量がいっぱいになると、新しいメールを受け取れない事があるそうです。

見る気が無いのでほったらかしのメールってありますよね。期限を決めるなどして、自動で削除する設定をしておくと、古いメールから削除してくれて、容量を確保してくれる方法もありますのでお試してみて下さい。

マスクを彩る転写シール【irodo】

たくみばマスクのツイッター中で告知されていたものに、抽選で20名様に、たくみばのFIT MASK×irodoのテストモニターの募集のお知らせがありました。

このツイートに気づいて早速応募した人がいましたが、マスクとコラボする、「irodo」とは聞いたことがなかったので、いったい何の事なのか調べてみました。

「irodo(イロド)」とは

「irodo(イロド)」とは、東京の下町にある町工場の(株)扶桑で作られた、「アイロンがいらない布用シール」として生まれた商品でした。「イロド」とは、「彩(いろど)る」の言葉から名付けられていました。

2017年に第13回キッズデザイン賞「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」の受賞を始め、2019年の「OMOTENASHI Selection2019」で金賞を受賞されています。

小さなこどもの力でも簡単に、布に貼れてデコれる転写シールとして、イオンなどいろんなお店でワークショップが開かれていたようです。ロフトや東急ハンズの様な雑貨を扱うお店の他、手芸店や蔦屋書店などで取り扱われているそうで、Amazonにも出品がありました。

たくみばでは、マスクに転写できるシール「irodo(イロド)」を一緒に取り扱い開始されるそう。マスクを嫌がるこどもにも、マスクを楽しく着けてもらえるようにとの思いが込められていますね。

今回のこどもマスクの発売と同時に、転写シールirodoとコラボ企画で、テストモニターを募集されるそうです。たくみばでは、こどもと一緒に楽しく利用する様子を送ってくださいとの告知がされていたのが、とっても印象的でした。

今回、転写シール【irodo(イロド)】とのコラボ応募の対象年齢は、4~12歳までのこどもであれば、家族の人数分の応募が可能だそうです。こどもの数の多いお宅は、期待しちゃいますね。

抽選の応募のやり方は、

  1. 1つ目のTweetをリツイートする事
  2. TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)に、下の項目を入力して送信する

【必須項目】

  • 郵便番号
  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • お子様の年齢と性別

応募締め切り:5月16日(土)24時まで

当選発表:5月18日〜の発送をもって行われるそうです。

モニターの抽選に当たった方は、irodoの転写シールが1シートもらえるそう。さらにこども用マスク2枚入りをこどもの人数分がもらえる上に、大人用マスクも1枚が一緒にもらえるというのですから、うれしい企画ですよね。

「子供の人数分」とは太っ腹なキャンペーンですよね。お家で過ごす時間は(地域によって)まだたっぷりあるのですから、こどもたちが思い思いに、デコれる姿が目に浮かぶようで、暖かく感じました。

転写シールirodoの使い方は?布のマスクにも貼れるの?

転写シールirodoは布マスクの生地に限らず、綿・麻・革・化繊・合繊など、大体の生地に貼れる布用転写シールの事です。いろんなものに貼れる転写シールのirodo(にとって、布生地は得意分野の様です。

生地に貼れるシールなのに、アイロンがいらないので、こどもが自分でデザイン出来る点が、1番のポイントですよね。小さなこどもがアイロンを使う場合は、親はひと時も目が離せませんからね。

生地以外にも紙やプラスチックなどにも貼れるようですが、転写するための薄いシールの素材の特性で、傷つきやすいので、剥がれる事もあるようです。

服やファッション小物のファブリックなどの布製に貼れるシールなのに、キッチン雑貨やアウトドア用品の様に、濡れてしまうものにも貼れるとは、なんだか不思議なシールですよね。こすったりしないで優しく扱えば、洗濯もOKだそう。

【irodoシールの転写のやり方】

  1. 貼りたい模様を選び、貼りたいサイズに切り取っておく
  2. 貼りたい場所に置いてみて、貼る位置やデザインを確認する
  3. irodoシールの接着面のシートをはがす
  4. irodoシールの接着面を貼りたい位置に置いて、指で押さえる。
  5. シールの柄が生地に転写されるまで、シールの上から硬貨などを使って、強くこする。
  6. 柄が生地にしっかり移ったら、ゆっくりとシートを生地からはがしていく
  7. 転写した柄の上の全体に布などをあて、指で強く抑えて、しっかり定着させる

 

広島の街でも一般のマスクが店頭に並ぶようになりましたよね。みなさんはどこでマスクを買っていますか?

【最新】広島マスク入荷状況|広島でマスクを売ってる店はどこ?マスクが売ってる店にやっとたどり着いたと思っても、7枚入りがたった1袋だけという状況がありませんでしたか?「マスク売り切れ」の貼り紙を見るたびに、マスクの安定供給はいつになるのかと、ため息が出ましたよね。「マスク品薄はデマ」なのか、「デマではない」のか検証すべく、地元広島の中でマスクの入荷状況を集めてみました。...

TAKUMIBAの子供用マスク通販に備えて会員登録しよう!

  • こども用のタクミバマスクのマスク通販は5月末の予定
  • 注文する時に会員登録が必須なので、事前の会員登録がおすすめ
  • 先着20名の、irodo(イロド)シールとマスクのテストモニターが募集は5/16まで
  • irodoシールとは、布生地にも転写できるシールの事で、たくみばでも取り扱いが開始予定

前回のマスク通販では、普通サイズのマスクの販売だったとはいえ、マスク通販開始時刻にはアクセスが集中しました。サーバーダウンするほどの混乱を招き、注文に支障をきたしていましたが、子供用マスクの注文も期待値は高そうですよね。

マスク通販でスムーズに注文するためには、会員登録が必須なので、購入する日時の前に、会員登録を行っておきましょう。

会員登録をしていない場合は、マスク通販ページに進めても、購入ページに入る前に、会員登録から始める手間が生じてしまうからです。

マスク販売が開始する直前には、通販サイトに自前にログインしておく方が、注文する側にとって便利です。

事前に会員登録をすることで、takumiba通販サイトでもマスクの必要数の予測がたつと思われます。事前の会員登録はお互いに役に立つと思うのでおすすめしますね。

小さなこどもの場合マスクの必要性を感じずに、マスクを嫌がる事も多いですね。転写出来るirodo(イロド)シールで自分らしく飾ったマスクなら、お気に入りになってくれるのも期待したいです。

危機感が薄れかけている今こそ、こども用マスクを着けて、油断することなく、命の安全を守ってほしいと願っています。