CM

ピッタマスクCMモデルは誰?17歳でパリコレモデルの高橋らら!

「ピッタマスク」のCMをもうご覧になりましたか?マスクと言っても、見慣れた医療用のマスクとは違って、顔にぴったり装着するシルエットが美しいマスクです。CMモデルさんは一体なのでしょうか?凛とした美しさを放っていて、存在感ありますよね。

あまりにもカッコいいので、ちょっと調べてみると、「17歳でパリコレデビュー」という文字が飛び出してきました。ご両親も知る人ぞ知る有名人のようなので、とっても興味が湧いてきました。詳しく調べてみましたのでご紹介します。

ピッタマスクCMのモデルさんは誰?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LALA TAKAHASHI(@lala__takahashi)がシェアした投稿

CMに出演しているのは高橋ららさんです。

高橋ららさんが初めましての方に向けて、簡単なプロフィールを用意しましたので、お付き合いください。

高橋ららさんのプロフィール

名前:高橋らら(たかはし らら)

生年月日:2002年2月26日

年齢:17歳(執筆時)

出身:東京都

職業:モデル

所属事務所:Donna Models

デビュー:15歳

高橋ららさんは、17歳のモデルさんでした。そして父はファッションブランド「アンダーカバー」のデザイナー高橋盾さんであり、母は、元モデルの森下璃子(RICO)なんですって。

両親の事といい「パリコレ」といい、なかなかすごい世界の方のようです。どんどん興味が湧いてきましたよ。

ピッタマスクCMの情報!

CMに出演しているのは、モデルの高橋ららさんだと分かりました。それでは、気になるCMについて簡単にご紹介します。

【簡単なCMの概要】
  • 企業名:ARAX(アラクス)
  • 商品名:PITTA MASK(ピッタマスク)
  • 出演者:高橋らら
  • 放送日:2019年12月12日〜

「PITTA MASK 時代篇」がありましたが、残念なことにCM動画は現在終了しています。

普通のマスクから、ピッタマスクに颯爽とチェンジした瞬間、普通の人から知的な人へ、チェンジしたかのような印象を感じました。美しい女性に、だぶついたマスクは似合わないですよね。

こうしてみると、目力がスゴイですね。マスクで顔の半分以上が隠れてしまっても、とってもお奇麗です。マスクも色々可愛い物も登場していますが、これだけ進化すると、マスクもついに身にまとうアイテムの1つになった様な気がしてきました。

高橋ららさんの活躍は?

高橋ららさんは、モデルさんというのがわかりましたが、一体どこに出演している方なのでしょう?1番気になった文字は「17歳」と「パリコレデビュー」です。「パリコレ」と聞くと、世界中の憧れの場所ですよね~。

17歳でパリコレ初出演!

この投稿をInstagramで見る

 

LALA TAKAHASHI(@lala__takahashi)がシェアした投稿

高橋ららさんは、父のブランドである「アンダーカーバー」で開催されたブランドショーはもちろんの事、世界各地のいろんな場所で行われるブランドショーにも出演していました。

17歳という年齢で「パリコレ」の出演が決定した時にも、今までのファッションショーとの違いをしっかり受け止めながらも、「緊張するというより、楽しみ」とインタビューで語っています。

ご両親も「東京にいるから…」との事で、あえてパリに見に行くこともなかったそう…。初めから世界観が、飛びぬけていますよね。

2019年の秋に行われたパリコレに出演した高橋ららさんは、世界中から注目の的になりました。

新宿の顔!新宿駅のポスターに堂々と登場!

 
高橋ららさんは、新宿ルミネの顔である、ルミネシーズンカレンダーモデルとして、2019年の2月から起用されています。撮影はタイで行われたそうで、アジアチックなビジュアルが素敵で魅力的だと話題を集めました。

 

新宿駅にはそのルミネの大きなポスタ―が飾られています。ルミネのキャッチコピーも毎回人気で、「タイトルのメッセージのイメージにぴったり」と、ファンも多く集まっているようですよ。

 

駅ビルに飾られた大きなポスターは、存在感がありますよね。本人も1度自分の目で見たかったのでしょう、インスタにあげているのを見つけました。ポスターの中のララさんは素敵な大人の女性のようですが、ポスターの下にいる高橋ららさんを見ると、ホントに高校生らしいですね。

モデルさんとしてのお仕事として、ファッション雑誌にも数多く登場されていました。

出演ファッション雑誌
  • SPUR(シュプール)
  • VOGUE JAPAN(ヴォーグ ジャパン)
  • GINZA(ギンザ)
  • NYLON(ナイロン)
  • Numéro TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)25~35
  • FRaU(フウラ)
  • POPEYE(ポパイ)

こうしてみると、10代の女の子の為のファッション雑誌の名前が、見当たりませんよね。目標は、日本で同年代の女の子の指示を集めるのが目標ではなく、世界へ飛び立つモデルとしての立ち位置を感じられます。

 

高橋ららさんはどんな人?

所属事務所は?目標は?

この投稿をInstagramで見る

 

LALA TAKAHASHI(@lala__takahashi)がシェアした投稿

2017年7月の15歳の時にデビューしたそうで、海外で活躍するモデルさんの多い、「Donna Models」に所属しています。本格的モデルとして、海外で活動中という事で、「YOHO!GIRL(青春)」の表紙を飾ったりもしているので、中国の方でも人気があるようですよ。

真剣にモデルになりたいと思ったきっかけは、ヴィクトリアズ・シークレットのショーを見た時だそうで、そのショーに日本人の出演はまだされていないとの事。「日本人として初めてヴィクシーのショーに出ること」が目標を掲げ、海外から活動したいと、しっかり未来を見据えている方でした。

アートなメイクがお気にいり

モデルになるかならないかという決心の前には、大好きなメイクの勉強をしにハリウッド留学も考えていたそうです。ここでも、モデルであろうとなかろうと、ららさんの照準は海外なのですね。

なぜハリウッドなのかというと、SF映画に出てくるようなアートメイクが大好きなのだそう。インスタの画像に登場している、派手めの目元メイクを見ると、なるほどと感じました。

高橋ららさんの高校はどこ?家族はどんな人?

現役高校生との事ですが、通われている高校についての情報は見つけられませんでした。

モデルをする為に、海外で活動を広く行っている事務所に所属したほどの方です。海外に目が向いている人といえば、「インターナショナルスクール」へ通われているのでは?という憶測がたっていました。

インスタの写真の中にも、海外の人の中で堂々としていたり、英語のコメント表記も見られます。英語を普段から使える環境にいる可能性が高いので信憑性がありそうですね。

現在高校3年生ということですが、「卒業後には、ニューヨークに移住して、向こうで仕事をしていきたい」とインタビューに答えています。「親のブランドのショーに出たりするのではなく、自分の力でやっていきたい」との、考えを持っているようですよ。どこかの2世タレントとは大違いですよね~。

これだけ芯のしっかりした高橋ららさんに、影響を与えてきたご両親もスゴイ人のようですので、一体どんな両親なのか知りたくなりました。今度は家族にについてちょっとだけ調べてみましたので、紹介します。

高橋ららさんの、お母さんはどんな人?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuuki miyamura(@yuukirinrin1173)がシェアした投稿


母は森下璃子(もりした りこ)さんといい、元モデルさんです。「オリーブ」などファッション誌で人気がありました。結婚後にはモデル活動を控えて表に出てこなくなったので、人気があっただけにファンには残念がられたようです。

森下璃子さんはRICOの名で、旦那さんの「UNDERCOVER」と「UNIQLO」のコラボコレクションとして、「UU」という名で、ガールズのデザインを担当し発表された事がありました。残念ながら現在は販売終了されていますが、娘のららさんを思い浮かべながらデザインしたのかもしれませんね。

こうして写真が並んでいるのを見るとららさんは、ママである森下璃子さんの雰囲気をもっていますね。娘のららさんには「鏡を見て、表情を研究する」「人の名前をしっかり覚える」など、モデルとしての極意を伝授されたようで、受け継がれていくのがとっても楽しみですね。

高橋ららさんの、お父さんはどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

DESTORY(@des.tory)がシェアした投稿

高橋ららさんのお父さんは、高橋盾(たかはし じゅん)さんと言います。お父さんは、高校を卒業後に文化服装学院アパレルデザイン科に入学され、在学中にブランド「アンダーカーバー」を立ち上げ、今や世界中にファンを持つ、超有名デザイナーです。

原宿へ仲間と共同で「NOWHERE(ノーウェア)」のお店を開いたのを足掛かりに、東京コレクションで評価を受け、有限会社を設立しては、直営店をオープン。2002年のパリコレクションに参加して以来、常連の地位を確立されています。

お父さんには「ジョニオ」という愛称があるというので、なぜなのかちょっと気になりました。どうやら文化服装学院時代に後輩達と共に、当時人気の高い「セックス・ピストルズ」のコピーバンド(東京セックスピストルズ)を組み、ボーカルをしていた頃からの呼び名だそうです。

そのコピー元バンドである、セックスピストルズメンバーの1人の、ジョニー・ロットンに似ている事から、「ジョニオ」という愛称がつけられたとの事で、バンドも本格的だったのでしょうね。

ファッションだけでなく、音楽を愛しているとの事ですから、ファッションをデザインしている時には、頭の中にパンクが流れていそうですね。

まとめ

  • ピッタマスクCMのモデルは高橋ららさん
  • 高橋ららさんは17歳で、パリコレクションにデビューを果たしていた
  • 彼女のお父さんは、知る人ぞ知るデザイナーの高橋盾さん
  • 彼女のお母さんは、元モデルの森下璃子さんでファンも多かった
  • 恵まれた環境に甘えるのではなく、自分をしっかりと持った人だった

ファッションが大好きな方には、父親の高橋盾さんの存在の認知度が高いので、娘という事で高橋ららさんへの期待値がどうしても高いですよね。そんな父の名前が有名だからこそ、「父は父で、わたしはわたし」という強い意志を持った方だと感じました。

親の七光りに甘えている2世芸能人の多い中、しっかりとした意思を感じられて、頼もしいですよね。親から離れて、新しい環境に身を置いていくなんて、両親もホントは心配しているはず…と思ってしまいます。

いつの日か子離れできる様、親の方も覚悟しておく必要を感じながら、高橋ららさんを応援していきたいと思いました。